YUKI HORIMOTO / NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

団長のお悩み道場 Vol.2

●本日の道場破り
ウォシュレットでは必ずビデを使ってアヌスを洗浄するという団長さんに質問です。最近、女の嘘と本音について考えています。女の言う「好き。」は実はどうでもよかったりして、「嫌い。」が実は「好き。」なのだと聞きました。そういえば、ぽっくんも「好き。」と言われて前のめりになったところ、「そういう『好き。』ではない。」と一蹴されたことがあります。あれはとても恥ずかしい思いでした(照)。逆に、ある女の子が、散々悪く言っていた男と付き合うという出来事にも遭遇したことがあります。これだけなら、「あー、女の子って本心とは逆のことをしてしまう生き物なんだな。」と思いがちですが、本当に嫌いな人に冷たくしている女子も見ましたし、好きな男の子にがんがんアタックしている女子も見たことありますし、全くもって解りません。女の子って一体何なのでしょうか?あと、これは余談なのですが、ビッチな女の子は男の人を数えるときに「一本、二本・・。」と数えるらしいです。
ペンネーム:フルモッコリさん

◆120%の勢いでお悩み道場の存在を忘れていた。このブログが道場であることも久しぶりに思い出した。人は忘れてはそして思い出す。それをひたすら繰り返して行く生き物。フルモッコリさん、思い出させてくれてありがとう!

実は『道頓堀女性心理研究会』の会長でもある団長。ビデを愛用するのも女性サイドの気持ちをより深部まで理解するためだと言われている。ちなみに『ビデ』はフランス語で『子馬』を意味するらしい。そんなことよりアヌスだ。『女性と男性ではアヌスの位置が根本的に違う』というテーマでこの間朝まで呑んだばかりだ。女性はHIGH、男性はLOWであるらしい。だから女性はローライズにはくれぐれも気を付けないといけないのである。もし不慮の事故で見えてしまったとしたらフルテンションで、『見てこーもん!(水戸黄門)』と茶魔語ヨロシクで回避することをお勧めする。そして次にアナルとアヌス。マイノリティーである後者を推していくつもりであったが、『穴』を連想させる前者にはやはり勝てないのかもしれない、とアナライズ(分析)した結果、MIX系新語『アナスイ』を提案したいと団長は思う。ファッショナブルでかつポップ。どこか薔薇の香りすら漂ってきそうだ。蝶も飛び出しそうだ。いやらしさゼロなので女性にも気軽に使ってもらえると思う。これからは『アナスイ』ヨロシクで逝くつもりだ。

話が脱肛してしまった。フルモッコリさんのいう女性の嘘と本音、男性には皆目わからないものだと考えていい。団長はとあるスジからこんな話を聞いた。女性は辛いものやアルコールを飲んだときに、たまにウンコを少量漏らすことがあるらしい。しかし女性はもちろん漏らした事実を決して顔や態度には出さない。何事もなかったかのように、涼しい顔、つまりポーカーフェイスでその日を過ごすのである。尿モレもしかり、だ。つまり日常的にそんな嘘をつく訓練をしている女性たちのそれや本音は、男性には見破ることが出来なくて当たり前なのだ。だから殿、そんなに悩まないで!つーか殿に『好き』とか紛らわしいこと言って恥ずかしい思いさせたファッキンビッチ!許せねーよ!恋の駆け引きとか、そんなまどろっこしい真似して殿を悩ませてんじゃねーっつーの!殿、そんな枕営業のツツモタセビッチはほっておいて、週末は団長と飲み明かしましょう!

※今回のシモネタ三昧な内容、並びについエキサイトしてしまい相談主を殿だとばらしてしまったことを深くお詫び申し上げます。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/27(土) 00:00:00|
  2. お悩み道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

団長のお悩み道場 Vol.1

女性の性格がわかるのは恋が始まる時ではない。恋が終わる時だ。
ローザ・ルクセンブルク 

●本日の道場破り1号
団長さん、聞いてください。大阪を離れ、東京に来てからしばらくが経ちます。その間にいろいろな困難が、僕という小さな存在に降りかかります。失恋、人間不信、食欲不振、背中が痒い、標準語の問題、短期間で集め増えすぎたエロ本の処理をどうしたものか、等等、山積みです。そんな僕の唯一の救いが、新しい恋です。バイト先に来る常連のお客様に恋をしてしまったのです。最初はただ「かわいい子だなぁ」くらいにしか思っていなかったのですが、だんだん気になる存在へ、そしてホーリーラブ、いや、フォーリンラブです。よく目も合うような気がするので、そのことを同僚に話したところ「てめぇが見過ぎなだけだよ!このいなかっぺ!」と一蹴されました。あと「あの顔はヤリマン顔だから気をつけな!」と散々です。僕は女の子を信じていますので「バージンに違いないよ!」と応戦しています。団長さん、僕とその娘は、客と一店員。その壁を乗り越えるためには、どのようなアプローチが適切なのでしょうか?御釣りを渡す際には手の甲に血管を浮き上がらせたり、ポロシャツのボタンを一つ外して胸をはだけさせチョイ悪を気取ったり、色々試行錯誤しているのですが、一向に進展しないままです。どうかよろしくお願いします。
ペンネーム・もっこり三太夫

◆平和ボケしていたらいきなりの道場破りじゃねーか。すっかり油断していたぜ。お悩み相談は長さんの専売特許だと思っていたからな。しかし好都合だ。今こそ団長の器とケツの穴のデカさを皆に示すときが来たぜ。
眠らない街、花の都・大東京。見渡す限りのコンクリートジャングル。そこに溢れる数えきれない肉欲の塊。そんな大都会の犠牲者・もっこり三太夫よ、まず団長は君に告ぐ。女をなめるな。決して女をなめてはいけない。女は腕立て一回すら出来ないくせにこの世の中を生きていける生き物だからな。手の甲の血管、ボタン一つ開けなんかの小手先チョイワル気取りや、ましてメンノンの白黒ページに載ってるような母性本能をくすぐる行動なんてのは奴らに全てお見通しなんだ。残念ながらこれは事実だ。しかしもっこり三太夫は惜しいところまでいってるように団長は思う。実は女が着目するのは「手の甲の血管」ではなく、それを浮き出させるための「前腕屈筋群」なんだよ。そして「ポロシャツの開いた胸元」から覗く、もう皆まで言わなくてもわかるな、そう「大胸筋」だ。所詮人間なんて無い物ねだりのアイウォンチュー。女は自分にない「男の筋肉」に惹かれるのさ。そう、それと同じく団長は女のやわらかいおっぱいにメロメロ…ってバカヤロー!俺に何言わせやがる!つまり筋トレをしろってことだ!前腕屈筋群と大胸筋を同時に効率的に鍛える方法を教えてやる!それは「指立て伏せ」だ!わかったか!たとえ殿とて容赦なしってこった!

*これを機に「お悩み道場」を開いてやる。アツい青(性)春お悩みどんどん送ってくれ。団長の鋼の大胸筋がピクピク言わして待ってるぜ。ぶった切ってやる!
  1. 2006/05/19(金) 00:00:00|
  2. お悩み道場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。