YUKI HORIMOTO / NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

個展7日目

本日私用の関係で個展会場入りできず。今日来ていただいた方々にはこの場で非常に申し訳ないですがお礼を言わせていただきたくさぶらひます。ありがとうございました。
今年からホームページにアクセス解析なるものを導入している。久しぶりに解析の検索語を見てみると、「絞め落とされたこと」で検索し辿り着いている人がいてた。何を調べたかったかが皆目検討がつかない。
スポンサーサイト
  1. 2006/02/28(火) 00:00:00|
  2. 個展日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展6日目

今日はなんと見に来てくれるのが3回目というヘビーホーリーメイツな方がいた。その方は僕に鈴蘭のお花をくれました。鈴蘭の花言葉は『幸せの再来』だそうだ。泣けてきた。

IMG_0224.jpg
ホーリーメイツ
  1. 2006/02/27(月) 00:00:00|
  2. 個展日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展5日目

雨降りサンデー。雨が降っていようとお客さんが多い。今日はマイファーザーが来た。父親参観の気分だ。絵を前に、父子二人でケーキを食べながらこれからの人生設計など、非常に深い話をする。そこに笑顔はない。まさか自分の個展会場で2回も人生を語ることになるとは思ってもみなかった。父帰宅後も続々と皆々様来ていただき、ありがとうございました。内田チェンくんにもらったギャロのCDを聞きながら帰る。

IMG_0223.jpg
ホーリーメイツ
  1. 2006/02/26(日) 00:00:00|
  2. 個展日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展4日目

個展が始まって初めての週末。天気、気候もいいこともあり堀江は人がいっぱいです。今日はおじいちゃんおばあちゃん従姉妹が来てくれ、一緒にケーキを食べる。おばあちゃんは「風景画とかお花の絵はないの?」と言っていました。おばあちゃん、僕は風景画は描かないよ。でもおこずかいくれてありがとう。必ず絵をプレゼントします。そのほかにも友人、HPを見て来てくれる人が多かった。終了後、古谷さんにアンドエーで行なわれている展覧会のレセプションに連れて行ってもらう。外人さんがいっぱいいたので、自分の個展のDMを適当な英語を交えながら配る。「イキマス、ホントニ、ホントニ!」と言っていたがおそらく来ない気がした。

IMG_0221.jpg
ホーリーメイツ
  1. 2006/02/25(土) 00:00:00|
  2. 個展日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展3日目

特に深い意味はないが、自転車で会場に向かってみる。約1時間かかった。往復約2時間。新幹線なら東京に行けるし、飛行機なら韓国にだって行ける。しかも途中車に轢かれかけた。危険だ。それはそうと今日も大勢来てくれていた。閉店間際に高校のクラスメイツたちが来てくれ、そのまま飲みに行く。たらふく飲んだ後の自転車1時間は涙なしでは語れない。

IMG_0194.jpg
ホーリーメイツ
  1. 2006/02/24(金) 00:00:00|
  2. 個展日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展2日目

今日は15時くらいに会場入り。到着すると絵が一点売れていた。とても嬉しいことです。そのあとも続々と人が見に来てくれる。とても嬉しいことです。

V9030052.jpg
川村義塾・講議風景
  1. 2006/02/23(木) 00:00:00|
  2. 個展日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展開幕

いよいよ個展が始まった。今日の夜はオープニングパーティーが開催され、非常にたくさんの方々が集まってくれた。それでテンションがどんどん上がり、それに伴いアルコールをがんがん摂取する。近頃の睡眠不足+アルコール離れのため非常に酔う。酔いに酔ったところでいよいよ挨拶スピーチが始まった。緊張と酔いのため、なぜか「人生」とか壮大なことを語ってしまった。それを聞くみんなのぽっか~んとした顔だけははっきりと覚えている。盛り上げようと頑張れば頑張るほど深みにはまるシベリアントーク。前回のグダグダントークのリベンジと意気込んだものの、やはりシベリア超特急は誰にも止められなかった。ラストは、猪木の「1.2.3.ダー!!」、小川の「ハッスルハッスル!」並に、もはや定番と化した堀本勇樹の「一本締め」で幕を閉じる。この素晴らしき夜のことは忘れることが出来ないだろう。

IMG_0205.jpg
パーリー会場
IMG_0206.jpg
盛り上がるパーリ-ピーポー
IMG_0202.jpg
人生を語る堀本勇樹(24)
IMG_0200.jpg
苦笑いのパーリ-ピーポー
IMG_0208.jpg
帰宅途中、余韻に浸りグッときている堀本勇樹(24)
  1. 2006/02/22(水) 00:00:00|
  2. 個展日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

個展搬入

昼頃より作品を梱包し、夜に会場のdigmeout CAFEに向かう。用意していただいた額にどんどんと絵を入れる。ひたすら入れる。暑くなってきたので服を脱ぎTシャツになる。するととあるプロジェクト帰りの桑島さん、ちょーちゃん、西さん、吉尾くんがお手伝いに来てくれる。Tシャツ姿の僕を「さすが筋肉先生」と囃したててくれる。そんな皆様のお手伝いのおかげで展示はスピーディーに終了。ありがとうございました。その後とあるプロジェクトの打ち上げに参加させてもらい、久しぶりのビールにトリップする。労働の後のビールは涙がでるほどおいしい。いよいよ明日から個展が始まる。
  1. 2006/02/21(火) 00:00:00|
  2. 個展日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

突撃!アトリエ訪問!

ここチェケラッチョ!
  1. 2006/02/20(月) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギブミ-松居一代

明日の802DJ・西田新さん、番組制作関係の方、ムネヒロさんの我がアトリエ訪問に備えて、メガトン級の大掃除を敢行する。敢行しなければ大人が4人も入るなんて奇跡がおきても不可能だからだ。ただでさえ汚ない、いや汚染されているこの部屋。逃れ逃れ辿り着いたこの部屋。しかも個展前で状態はカオスに達している。並の掃除ではダメだ、と意気込んでみたら12時間以上にも及ぶ大掃除になった。これで少しはマシになっただろう。それにしてもアトリエを見られるなんてのは自分自身のデリケートな部分を見られるくらいに恥ずかしいなあ。
  1. 2006/02/19(日) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おめでたい

またこの季節がやってきた。digmeoutオーディションである。選出者を見ていると専門学校の後輩である阪田洋一くんが見事選ばれていた。彼は輝かしい受賞歴を持つ、文字通りの実力派・技巧派なのでこれから更に注目されるに違いない。展覧会も楽しみだ。『展覧会』という言葉ではっと現実に戻り、再び絵の世界へ帰る。まずは自分が先だった。
  1. 2006/02/18(土) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

花の金曜日

少し暖かい日が続いていたと思っていたら、また寒くなった。こうして春は近付いてくるのだろう。この寒い中、今日はちょっとしたもの(CD-Rとかインクとか)を買いに外に出なければならなくなった。この寒さを少しでもやわらげる方法はなかろうか、と一休ばりにとんちを考える。これだ。ストーブの前にデニム(今かっこつけてデニムとか言ったけど普段はジーパンと言っている)を置いて温めてみることにする。数分後、生地がよく温まったところで足を通す。これはぽかぽかと暖かい。そして気持ちいい。暖かくて気持ちいいから暖か持ちいい。きた~!おっけ~い!とルンルン気分でデニムを腰まで上げたら、ファスナーのところがばりくそ熱せられており、下腹部にばりくそ火傷を負う。金属の熱伝導率をばりくそ見くびっていた。一人ばりくそ悶え苦しむ。やり場のない悲しみをばりくそ絵にぶつける。
  1. 2006/02/17(金) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

和製ヘラクレス本領発揮

個展まで一週間を切った。ラストスパートをかける。スパートは今に始まったわけではなく、かれこれ約一ヶ月間続いている。あと一週間を切ったのでラストのスパートだ。朝8時にトーストを食べてから気が付けば16時間何も食べていない。このまま食べることを忘れ、眠ることを忘れ、息をすることすらも忘れゆくのだろうか。…って、んなわきゃない。(タモリ風)
ももよんがこの日記を頻繁に見てくれているらしいので頻繁に更新してみました。)
  1. 2006/02/16(木) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カウントダウンが始まった

個展まであと一週間という確固たる事実を、逃げも隠れもせず真正面から受け止めてみる。なかなかずっしりとくる。いいもん持ってるじゃねーか。でもウチ、へこたれへん!(辻元清美衆議院議員風)
  1. 2006/02/15(水) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サブロク

生活サイクルが乱れに乱れて360°回転し、朝方人間に戻った。昼間に絵を描くと無意識だが、全体的に絵の明度が上がった気がする。
  1. 2006/02/14(火) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

筆について大いに語る

新しい筆を卸した。しかし新しさに遠慮をしてしまい、大胆な筆遣いが出来ない。まだお互いの関係が手探り状態なのだ。結局今まで使いこんできた、少し毛羽立った筆をメインに使ってしまった今日という日。新しい筆が付き合ったばかりの恋人ならば、使い込んだ筆は長年連れ添った夫婦といった感じか。
つい熱くなり、筆を恋人とか言ってしまう自分が嫌。
  1. 2006/02/13(月) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱烈投稿

はっ、と気が付くともう個展10日前じゃないか。ということで逃げていたDMの宛名書きを始める。僕はいつも全て手書きで書く(重複?)派なので、膨大な時間がかかってしまう。時は金なり、なんていうがどうしてもここはこだわるところなのだ。各々の名前を書くときは、その各人の顔を自ずと思い浮かべては「元気だろうか」とかいろいろ考えたりできるからである。そういう怨念にも似た思いを込めて送るので、もし展覧会に来ないと呪われます(脅迫)。結局1日で200枚以上書いた。送料を考えて頭を掻きむしるよりも、200人以上の人たちと出会えたことに感謝しようと思う。そしてこれからも送る枚数が増えるように頑張ろう。夜はペンを筆に持ち替え絵描き。
  1. 2006/02/12(日) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

反町

買ってきたボードに下地を施す。僕は入念に下地を作り込む派なので、イラストボードはうらやましいほど反り返ってくる。なので「ジェッソ塗る→乾かす」に「ボードの上に重しを載せて伸ばす」という作業が加わり、つまるところ「ジェッソ塗る→乾かす→ボードの上に重しを載せて伸ばす」を3~4回繰り返すことになる。今日は結局下地作り止まりで実際筆を動かすまでには至らなかった。しかしこれは想定の範囲内。
  1. 2006/02/11(土) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャバの空気を吸う

画材がとうとう底をついたので買い出しに出る(重複?)。ついでに某電器屋に寄り、電気スタンドを購入。電器屋で電器を買ったことに何故か、ただならぬ喜びを感じてしまった。さらにdigmeout CAFEに寄り、DMを大量にもらって帰宅。もうすぐ宛名書きをしてみなさまにお届けします。
  1. 2006/02/10(金) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色々な色

ただただ絵を描く。一度描き上げた絵をじっと見ていると、なんだか背景の色が気に入らなくなってくる。なので背景の色を微妙に変えて塗り直すと、今度は人物の服の色が気に入らなくなってくる。なので服の色を塗り替える。そしたらまた背景が…とひたすら繰り返して、ようやく納得して完成。しかしよく見ると結局のところ最初の色とほとんど変わってなかった。なんだかなぁ。
  1. 2006/02/09(木) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古の昔から男は狩りをするもの

ただただ絵を描く。様々な友人たちから「個展決定おめでとう」的な嬉しい言葉が届き始める。でもまだ絵が目標展示数に全然達してないことを告げるとみんな物凄く心配してくれる。でもそれ以上に僕の心配度は上回っているのだが、「大丈夫さ!」と笑顔を浮かべてガッツポーズで決める。人はこれを『つよがり』と呼ぶ。
  1. 2006/02/08(水) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デイドリーマー

ただただ絵を描く。朝か昼か夜かもわからない日々だ。でもこんな生活こそが幸せだと思うのだから、それはきっといいことなのだろう。
  1. 2006/02/07(火) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カオス

ただただ絵を描く。部屋が渾沌としてきた。
  1. 2006/02/06(月) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

理由はいらない

ゴツイだけじゃ暑苦しい。かわいいだけじゃつまらない。ただそう言いたかっただけ。
  1. 2006/02/05(日) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IAEA

ただただ絵を描く。どうでもいいけど、IAEA(国際原子力機関)が何かヒップホップな感じに聞こえる。「IAEA!ヨーチェケラッチョー!」みたいな。
  1. 2006/02/04(土) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Esport Kyobashi DIGS ART タニグチカズコ展

この展覧会のレセプションに行く。京橋なのでもちろんバイシクる。今日は教授も駆け付けており、タニグチさんの絵を前に課外特別授業を行なっていただけた。タニグチさんの絵は非常にクオリティが高く、今の僕には学ぶべき点が多かった。アグレッシブに、セル並に吸収してやろうと思う。

Esport Kyobashi DIGS ART タニグチカズコ展
2/3(金)> 23(木)
京橋 ROsquare
京阪グループとFM802によるアートコラボレーション「Esport Kyobashi DIGS ART」。「digmeout」から生まれたアーティストたちが駅アートで、展覧会で、京橋からアートを続々発信していくこのプロジェクト。
第5弾は、2005年のアーティスト・オーディションで選ばれたタニグチカズコの展覧会を京橋にあるアンテナショップ「ROsquare」で2月3日(金)から23日(木)まで開催。可愛くてファンタジーあふれるイラストレーションを展開します。
  1. 2006/02/03(金) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

両手で2と2を作ったらダブルピースになった

この間大量に仕入れていたイラストボード(キャンソン)が底をつきそうなので、画材屋に電話をして発注しようとしたらその画材屋は定休日。無性にイライラしたので甘い甘いメロンパンを食べて血糖値を上げた。
それと親不知が親の知らない間にものすごいことになってきていることに気付いた。そして親の知らないところで僕はこうして親の知らないブログを綴っています。
  1. 2006/02/02(木) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

教授

個展前で焦燥感にかられながらも、それでいてクオリティを落とさない作品を描き続ける、という目下の課題が僕の頭蓋の内部を駆け巡っている。
前回の個展のときは夜中丑三つ時に、孤独を感じ、奇声を上げたい衝動にかられるなど、その他多数の症状が出た。がしかし今回は違う。とてもとても暖かい、救いの声を掛けてくれる方がいる。それは教授。涙が出そうなほど嬉しかった。

でも「泣かないよ ボク大人だから 泣かないよ」 ゆうき・心の一句
  1. 2006/02/01(水) 00:00:00|
  2. お堕落日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。