FC2ブログ

YUKI HORIMOTO / NEWS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グラマラスコカン

『東京 狂った街 いつからだろう失くしたパッション』
サッズのデビュー曲が脳内を占拠する。吐き気がするような人の群れ。なのにうすっぺらな人間関係。決して交わることはないのだろう。無機質極まりない。膨大な数のネオンが街を照らし出しているというのにそこにあるのは全てモノクローム。しかしそんなことを思ってみても所詮自分もその中の一人に他ならない。はぁ…。行き場のない溜め息がコンクリートジャングルの空に消えて行く。ナルシズムに溢れた今の団長、思わず斜め45°からのセルフポートレートを撮ってしまいそう…。

『シブヤ ハチヂ トノ マテルカラ』
一通の電子メールが団長に届く。翼の折れた団長にはそれだけで充分だった。そう、殿と団長は言わずもがなナナとハチ。あの星を集めて、この胸に飾りたい。ナナに会える、その一点でハチの股間はいきなりK点越えだった。ねえ殿、アタシは運命とか信じちゃうタチだから、アタシたちの出会いはきっと運命だと思うんだ。再会への期待にKカップ青木りんヨロシクのバストを弾ませ、ハチ公前に辿り着くと何やらただならぬ声が聞こえてくる。
『ぃよーしよしよしよしよしよし。』
と、殿っ!!!!!!!!待ち切れなかった殿はハチ公像をハチstarring団長と間違え、ムツゴロウプレイに走っているではないか!!!!!!!!
『かーいーでしゅねー、ここをこーするとハチは喜ぶんでしゅねー。よーしよしよしよしよし…』
だ、だめだ!メガネ奥の目が完全にイッている。危ないっ!このままでは殿は小便まで飲み出しかねない。シブヤでスカトロボーイと化す殿なんて団長は見たくない!止めなければ!そう思い、殿に声を掛けようとしたその瞬間、
『待って!』
シブヤの喧噪をかき消すように声が響いた。女性の声だ。声の主の顔を見た。あややだ。ひとし軍団・妹分オーディションで見事栄冠を勝ち取ったあややだ。

殿と団長の再会、それにあややの登場。嵐の幕開けか日本の夜明けか。終わりの見えない不定期書き足し決定!

『ねえ殿、あの頃のアタシは東京の空気にすっかり満足して、この話のゴールが全く見えてなかったのかな』
スポンサーサイト
  1. 2007/11/03(土) 00:00:01|
  2. 殿恋日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東京でのことがら2 | ホーム | 東京でのことがら1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yukihorimoto.blog43.fc2.com/tb.php/642-f6f4d3c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。